勉強会(2022年7月勉強会)

 ケアマネジャーは利用者様やご家族からお話しを聞く際やサービス提供事業所に必要な情報を説明する際などに、必ず会話を行います。その会話がケアマネからの一方通行のものでは、相手の方との信頼関係は築けません。今回は、ケアマネの業務には必要不可欠な「意思疎通のとれる会話力」 について、事例を交えて学習しました。

 

①これから話そうとする内容や目的を明らかにしてから話し出す

②利用者様の言葉を受け入れる

③利用者様が沈黙した時は、次の言葉を待つ

 

 信頼関係の構築には「この人は私のことを肯定してくれている」という実感の積み重ねが必要です。利用者様の心の声にも耳を傾ける姿勢で関わっていくことで『 安心して任せられる 』 と思って頂けるケアマネを目指していきます。

もみの木ケアプランセンター
もみの木ケアプランセンター



今月は「完了感コミュニケーション」 の中でも実践のポイント(利用者様のプライベートな情報を尋ねる・アセスメントの際にご家族の話も聞く)について勉強会を行っています。

 

 私たちは業務上、利用者様の自宅にうかがって話を聞く事が多くあります。話を正しく伝える事や、聞きたい事を引き出すためには、利用者様が話しやすい環境(アイコンタクトをとる・顔と身体をご本人に向ける等)を整える事や会話の取掛かりになるような言葉選びが非常に大切な事を学ぶことが出来ました。

また、利用者様本人に望んでいる生活を聞くだけではなく、ご家族の方が今、何に困っているのかを聞くことも非常に重要です。

 

 支援を行っていく上では耳が不自由な方等もいらっしゃるので、 その際は筆談等を用いてコミュニケーションを取るなどし、今回の勉強会で学んだ内容を、その方に合った形で支援に活かせていけたらと思います。

もみの木相談支援センター
もみの木相談支援センター


 今月は重症化しやすい 「高齢者の熱中症の原因や症状、予防法と対策」についての勉強会を行いました。

 

 夏場は室内の温度が外の気温以上に高くなることがあり、室温の管理や水分補給をしっかり行わないと、室内でも熱中症になる可能性があります。めまい・立ちくらみ・足がつるといった初期症状が進むと頭痛・だるさ・吐き気の症状が表れ、さらに重症化すると意識障害・全身の痙攣・全身が熱くなる高体温などが起こり、死につながることもあります。

 

 高齢になると暑さや喉の渇きを感じにくくなります。喉が渇いていなくてもこまめに水分をとる、自宅でエアコンを使う(扇風機では温度管理ができないため)など、利用者様に積極的に声掛けを行い、ご自宅でも熱中症予防の意識をもって頂けるよう努めていきたいと思います。

シニアコミュニティーもみの木
シニアコミュニティーもみの木


 今月は「送迎業務中の事故やトラブル発生時の対応」 について勉強会を行いました。

 

 デイサービスの職員は、送迎に行く機会が多くあります。送迎中に、事故や利用者様の体調の急変などが起きた場合、慌てず冷静に対応できるよう、職員がすべき行動や注意事項などを改めて確認しました。また、普段は上司や同僚に確認をとって判断する事項でも、送迎中は職員1名での対応が多いため、その場で個人判断をしてしまいがちです。

 

 そこで、送迎中に実際に起こった事故やトラブルの事例を検討し、その際の正しい対応方法を確認しました。介護保険のルール上、送迎時に行ってはいけない事柄(自宅以外の場所に送る など)もありますので、そちらも併せて復習し、帰宅時まで安全に利用して頂けるように日々努力していきたいと思います。

シニアコミュニティーつばき
シニアコミュニティーつばき



 今月は「子供の夏の事故と対策法」 について学習しました。水に溺れる・花火で火傷を負うなど、夏に起こりやすい子供の事故。一瞬の出来事で命を落とすことにもなりかねない子供の事故の防止策について学びました。

 

水の事故・・・ 水の事故で多いのは海や川ではなく家庭の浴槽です。

        縁から中をのぞいて転落し、深さ30 ㎝程度の残り湯でも溺れます。

        ※必ず大人が付き添う、風呂の残り湯は溜めない

火傷・・・・・ライターなどをいたずらして火傷や火事の原因になることがあります。

        ※花火で遊んだ後もライターは子供の手の届かない場所に置くようにする

 

 おひさまでは7 月より水遊びを開始しています。夏休み期間中はいつも以上に子供の行動に注意が必要です。今回の勉強会の内容を理解したうえで、子供たちの行動に目を配り、危険予測を行ってご家族とも連携をとりながら、夏を安全に過ごせるようにしていきたいと思います。

おひさま
おひさま




お知らせ

  • ヒューマンホールディングス株式会社では、毎月の10日・20日に介護保険のことや、困り事等について相談をお受け致しております。是非、気軽にお越しください。
  • 見学や体験を随時対応しています。お気軽にご連絡下さい。電話:0948-26-8338